ayurvedaBLOG

アーユルヴェーダを取り入れた朝の習慣④

気がつけばシリーズ化して第4段!

ここまでは【舌磨き】→【鼻うがい】→【白ごま油うがい】と続きました。

どれも自分自身が健康でいるために続けてみては?というご提案ですが今回は日常にも使える知識をご案内致します。

朝の習慣④白湯を飲む

第3弾は白湯を飲む!

もしかしてこの白湯を飲む!というのは「私もやってます!」

という方も多いかもしれません♡

でもちょっとまって!ちゃんと白湯の作り方知ってたりします?

私もね白湯を飲んでると思っていたんです!

だがしか~し白湯にはちゃんとアーユルヴェーダに基づいた白湯の作り方があったのです・・・!!!

これが本当の白湯の作り方!

さて白湯の作り方です。

準備するもの やかん(蓋付き)、水、コンロ

①やかんに水を入れ中火で沸騰するまで沸かす

②沸騰したら蓋をあけ、弱火で15〜20分お湯を沸かし続ける

③出来上がったらカップにいれ冷ましながら飲む

簡単でしょ?

ちなみにこの作り方がまさにアーユルヴェーダに基づいています。

アーユルヴェーダは3つのエネルギーが出てきます。

それが風、水、火

そして私達の身体は人それぞれバランスは違うけれどこの要素が合わさって構成されています。

でね、アーユルヴェーダの中ではこの【白湯】という飲み物がどんな体質の方にも合う飲み物とされていて・・・

それはなぜか???

白湯は水を使い火でお湯を沸かし、最後に空気(風)に触れさせることで全ての要素が含まれている為です!

白湯の効能

白湯は言わずとしれずその効果はとても高い!

✓冷え性の改善

✓腸内環境の改善

✓デトックス作用による美肌効果

✓代謝促進

✓ダイエット効果

など!

私が白湯を飲み続けている所見

私はかれこれちゃんとした白湯を飲むようになり2年近くになるのですが、もともと冷えもひどく平熱も低い私が冷え性が少し改善したことを感じられます。

また、白湯はちゃんとつくると味もまろやかでとても美味しいのですがジャンクフードばかり食べている人は味気ない。美味しくない。と感じてしまうよう・・・

ある意味この白湯をおいしいと感じられるようになるのは健康な証かもしれません。

そして身体への効果は高いですが飲みすぎるとDETOX効果が高すぎるのも白湯の特徴!飲む量は1日700〜800mlを目安に飲んでみてくださいね!

白湯については以下の本もおすすめです♡白湯についてもアーユルヴェーダについても学べる本ですよ♪

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です