BLOGdiaryyoga

首里城から見るヨガ哲学

先日とっても驚きで悲しいニューズがありましたね・・・

首里城全焼・・・

沖縄好きだし、今年首里城に久々に行ったこともありNEWSをみながら泣きました・・・

でもきっとこれはなにか意味があるはず!(という基本ヨガ的考え)

と思い今日はみなさんにヨガ哲学目線の首里城のお話です。

この世の中はなんでも創造・維持・破壊でできている

さて、ヨガでは全ての物事が【創造】→【維持】→【破壊と再生】で成り立つと言います。

これは何においてもそう。

例えば・・・人間関係だと

出会って→仲良くなって→別れやケンカがあって→また出会い直す

例えば食だと

育って→出荷されて→食べる→そしてまた排出され土に帰り育つ。

的な感じ。なんとなく分かります?

物事はなんでも繰り返す。

それを昔のヨギ達は気づいていました。すごいでしょ?

三神一体(トリムルティ)という言葉がこれを表しています。

ブラフマンという創造の神

ヴィシュヌという維持の神

シヴァという破壊と再生の神

どの神様も優劣つけれずにすべてが同じ同等の神であり、全ての物事自体が同等で尊い事なのだと。

ちょっとインド哲学でおもしろいyoutubeがあるのでシェアしますね!笑

一気に笑いに包んでしまった感・・・w

こうやってみるとヨガ哲学って全てが私たちの生活に根付いていて面白いですよね。

先人達は私達がより幸せに生きられるように、こうやって知恵を残してくれているの。素晴らしい!

実は私昔から「温故知新」と言う言葉が好きです。

私がヨガ哲学に親しむようになったのは、そんなところからかもしれません。

来年はゆるりと哲学講座も開催したいと思っています。

話を戻して首里城のこと

ずっと待ってたけど募金口座ができたみたい!(やったね!)

すでにクラウドファンディングでは2億近く集まっているようで。

首里城が1日でも早く復活するといいなぁ。そう思います。

琉球銀行 本店営業部 普通 1279506

沖縄銀行 本店 普通 2603484

沖縄海邦銀行 本店営業部 普通 913978

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です