BLOGヨガ

心の声より身体の声を聞く大切さ

ちょっとした最近の私の体験談がとてもおもしろかったのでシェアをしようと思います。

 

こちらの記事でも似たようなことを書いたのですが

 

実は私週末にすっごくたのしみな予定があったんです。

 

本当に何ヶ月も前から楽しみにしていたの。

なのですが前日ぐらいから体調面があやうくなりいつものように楽しくない・・・

女性って1ヶ月に4回ホルモンバランスの関係で体調が変わるし仕方がない!って思っていたのだけど

朝起きてもう全然身体が言うことを聞かないわけです。

 

私の心は行ける!気合で行ける!さぁ起きよう!

と言っているのに対し、身体は無理!眠い!もっと寝たい!今日は動きたくない!

と。

これ皆さんにも良くありませんか?朝仕事行く時に布団から出たくないとかね。

もうね今日に関しては本当に身体の主張が強すぎて・・・

 

でもそんな時に今まで私この状況の時いつも気持ちの面で「楽しみな予定だしいけるいける!」と心の声の優先をしてきたな。と気がついてしまったんです。

だって楽しみだったから、やっぱり気持ちが勝ちますよね!?

でもそれって身体が休んでー!ってまだ寝たいよ!の声を無視している。

つまり身体にずっとムチを打ってきたんだな。と。

 

 

本当に泣く泣く予定をなくしてその後死んだように寝たのですが、身体がすっごい喜んでるんですよ。

なんかもう身体の中から「やったー!」「ありがとー!」「休めるー!」って感じ。

 

私としてはそんなに嬉しいの!?というぐらいめっちゃ身体が喜んでいるわけで、、、

結果機嫌がいい。

 

前日はここ最近の中ではびっくりするぐらいナイーブで気持ちがぶれていたのに・・・

細胞ごとご機嫌(笑)

身体の声を聴くってこういうことだな。とまた一つ理解した経験でした。

 

 

楽しみだった予定は本当に行きたかった。すっごく行きたかった。でも、何より自分の身体の状態。機嫌取りが日々の自分の嬉しい気持ちや、ほっこりした気持ちをキープすることにつながると気がついてしまったので、これからもより自分に素直でいるためにも自分と向きうことをこれからも続けていこうと思った次第です。

 

よければご参考まで♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です