BLOGヨガ

使命と共に生きる

お久しぶりです。名古屋のヨガ講師のりさです。

何だかここ1ヶ月とてもとても不思議な感覚に包まれています。これまでの人生ってやりたいことがあって、なりたい理想があって必死にがむしゃらに生きてきました。

なのですが…ここ最近。特にこの1ヶ月はそんなことはどうでも良くなってしまって。ことの発端はおそらく4月初旬に行った沖縄(のはずが何故か琉球王国巡り)

なんだかこんなにたくさんの自然の恵みを頂いているのにお返ししなきゃ!という気分になったのです。でも何を?そう思った時になぜかこんな言葉がよぎりました。

【この身体をわたしよりも大きなものの存在。その姿を見えない者たちが表現したいことに使ってほしい】と。

側から見たらあいつ頭イカれてるんじゃね?って話なのですが本気でそう思ってしまいました。神さまが本当に存在するのなら、その神様が表現したいことにこの身体を使ってほしいと。

そこで気がついたのね。私たちが神の子って言うのは、信じるものは救われるって言うのは、ギータでわたしを近くに感じるもののことをわたしは愛する。というのはこんな感覚なのかもしれないと。

頭おかしすぎて言えなくて、でも、ふと思ったらこの事を伝える時なのかなと思い立ち今blogを突然書き始めました。

私たちの周りには私たちの力ではどうにもできない力が働いています。なのに人間は自分たちが1番だと思っていたりする。でもそれって本当なのかしら?

何だか時には自分の存在を、存在している意味を。地球や宇宙との自分の関係性を考えて欲しくなりました。

「STAP細胞はあります!」じゃないけれど、たぶん私たちよりも大きな存在はあります。それを時に神とも呼ぶし、大宇宙とも呼びます。そしてその力は到底私たちでは及ばない。なのに毎日太陽の光を照らし、月が満ち欠け、潮の満ち引きがあり、空気があり、支えてくれる大地があり。私たちを生かしてくれます。

これって当たり前ですか?わたしはたぶん違うと思うんだ。だからこそ感謝の意を示したい。だからこそ自分に今できることをやりたい。そんなことを思っています。

この4月は琉球王国と神道発祥の地に呼ばれました。沖縄にはユタという、壱岐島にはホウニンと呼ばれるシャーマン文化が残っています。

導かれるあちこちで自然の壮大さと、自分のやるべきことを感じる毎日。少しでも純粋に、笑顔で生きられるよう。そんなサポートをこれからもしていきたい次第です。そんなことを考えながら今日はおしまい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です