BLOGクラスヨガ

バイロンベイでの不思議な話

コロナに行く少し前にオーストラリアのバイロンベイにヨガの勉強をしに行っていました。

内容はともかく(笑)それはそれは充実した時間でした。

素敵な仲間もできたし

バイロンええ街やったし♡

その時激忙しかったんだけど(笑)行ってよかった。

でね、誰にも話していない不思議な話を今日はシェアしようと。

バイロンベイって調べてもらうと分かるのですがヒッピーの聖地とも言われていて街全体がめちゃめちゃスピリチュアル。というか精神世界がそこに根付いている。

自然がたっぷりで、裸足で歩く人達、おしゃれなカフェはみんなヴィーガン!

サーフィンしてヨガしてカフェでお茶して笑って過ごしているような街で、雑貨屋にはなぜかチャクラやオームのロゴの雑貨、お香がたくさん売っているような街。

そんな場所で毎朝クラスの始まる前朝4:30に一人起きてヨガの練習をして、6:00からヨガのクラスが始まる生活をしていました。

その時にねどこからともなく聞こえるんですよ。

「あなたの精神的な学びを伝えなさい。もっとスピリチュアルに生きなさい。」

と。

もともとスピリチュアルって言葉がめちゃくちゃ苦手。

スピってるってなんやねん。というタイプ。

正直な話をするとぜんぜん分からないんです。その手の言葉が・・・

レムリア人?とか天使とかミカエルが?とか。。。。だめぜんぜん分からないww

私が分かることって

神智学の界の話とか、チャクラとか、アートマン(魂)や転生輪廻の話とか結局ヨーガの精神世界の話だけでいろいろ世の中で言われている話はぽかーーーんとしていて・・・

で、それらを10年以上学んできてはいるけれどこんな話したらきっと引かれるだろうしと本当にヨーガのことを知りたくてこの話が通用する人としかこんな話はしてこなかった(つまり昔から一緒に学びを深めている友人たちのみの会話でとどめてきた)

のに!!!!

どこにいってもずっとこの声がつきまとうのね。

「あなたの精神的な学びを伝えなさい。もっとスピリチュアルに生きなさい。」

・・・

バイロンにいる2〜3週間一人になるたびに考え込んだよね。
いや、怪しまれないか?
ってかどうやって伝えるのよ。
そもそもわたし巷のスピリチュアル大好き女子みたいな人たち苦手やぞ・・・
そりゃ見えない世界は存在しているけどもさ
どうすればいいんだーーーーーー(わたしの頭の中の会話)

こんなことがずっと繰り広げられていました。

結論。
ヨーガの哲学の話や、これまでよりももう少しだけこれらの話にせまったこの宇宙の真理を、今自分に理解ができている範囲で言葉にし始めるようになりました。

するとなんだかわからんけどこれまで以上にうまく回るのです。

今思います。2年前のあの声はやっぱり受け取るべきものだったんだなと。

ずっとずっと付き纏ってきたのはわたしのハイヤーセルフや守護神?なのかそういう系からの、もしくはアートマンからのメッセージだったのだなと。

シンプルに生きることは難しく感じることがあるかもしれない。

こっちでいいのか?

と思うこともあるかもしれない。

でもねそういった思考を一度脇においた時に人というのは本当に今やるべきことが見えてくるのかもしれません。

少なくとも私はそうでした。

どなたかの参考になれば♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です